Service
support

装着ガイド。

サポート

よくある質問

  1. 装着マニュアル

    装着マニュアル

  2. キャリパー

    キャリパー

  3. メンテナンス

    メンテナンス

  4. 免責事項

    免責事項

  5. よくある質問

    よくある質問

Q1
NEXO軽量化ソリッドタイヤの素材は?

A1. NEXOは高分子発泡素材の開発を専門に行っている欧特捷実業が研究開発した高分子複合材料「NEXELL」を使用しています。一体型射出成型技術を自転車タイヤ製造へ導入、NEXOに軽量やパンクせずというものを実現、空気入れ不要やカラフルの多様選択を消費者へ提供いたします
単一素材EVAで作られた子供用の自転車タイヤとはかなり違い、OTRAJET社はNEXELL素材を自転車タイヤに運用、乗車時の安定性だけでなく、耐摩耗性、耐候性、快適性、省力およびグリップ性などの特性も向上させています。

Q2
NEXOは耐摩耗性がありますか?1本のタイヤで走行可能な距離は?

A2. NEXELLは130種類以上の原料パターンから選び抜かれたものであり、耐摩耗性において優れた性能を発揮します。NEXOは試験設備での模擬走行における5,000kmの連続走行(台湾5周分に相当)後も、その摩耗はわずか0.2mmであり、溝が依然としてはっきりと残っていました。5,000kmは参考値であり、実際の走行可能距離は使用環境、使用習慣などの要素によって変化します。

Q3
NEXO軽量化ソリッドタイヤは長期間放置すると亀裂などの現象が生じますか?

A3. 一般的に従来型のタイヤは長期間放置すると表面に亀裂や硬化などの現象が現れることがよくありますが、これはタイヤのゴム成分と空気中の活性酸素(オゾン、O3)の反応によって生じるものです。しかしNEXOマイクロセルテックタイヤは原料にNEXELLを採用しているため、安定性が極めて高い化学特性を備え、空気中の活性酸素と反応することはなく、長期間放置しても亀裂や硬化などの現象が生じません。

Q4
現在NEXO軽量化ソリッドタイヤには何種類のサイズがありますか?

商品列表をご参考してください

Q5
NEXO軽量化ソリッドタイヤと従来の一般タイヤの違いは?

A5. エアータイヤは漕ぎ始める時にタイヤ内部のエアが動いてタイヤを前方に回転させる作用を生じさせるのに対し、NEXOタイヤの内部に安定した気体である数百万もの窒素化合物で満たされているため、内部にある窒素化合物を動けない。漕ぎ始める時に力を出る必要がありますが、慣れたらエアータイヤを乗る時に感覚を変わりません。

Q6
NEXO軽量化ソリッドタイヤは長距離旅行に適していますか?

A6. NEXO軽量化ソリッドタイヤは長距離旅行のユーザーに非常に適しています。パンクレスで空気入れ不要であるほか、さまざまな携行品を減らすことができ、旅の負担を軽減します。しかしNEXOはソリッドタイヤであり、従来のタイヤのように内部のエアの流動を利用してタイヤを前に回転させることはできません。実験データによると、NEXOの回転効率は従来のタイヤの約8割であり、従来のタイヤで100km走行した時の疲労感がNEXOでは約80km走行しただけで現れることになります。そのため、ゆとりのある旅の計画を立て、NEXOの利便性を感じながら旅の途中の豊かな風景をお楽しみいただくことをお勧めします。

Q7
NEXO軽量化ソリッドタイヤのグリップ性能は?濡れた路面ではスリップしますか?

A7. 通常の通勤用途であれば、NEXO軽量化ソリッドタイヤは乾いた路面、濡れた路面に関係なく、そのグリップ力は従来のタイヤと変わりありません。危険防止のため、雨天時には道路標示上での急転回を避けるほか、タイル面を走行する際はスリップに注意する必要があります。

Q8
NEXO軽量化ソリッドタイヤと子ども用自転車向けEVAソリッドタイヤの違いは?

A8. かつては素材開発技術の制限により、ソリッドタイヤは物性性能が比較的低い発泡EVAのみが採用され、重量、弾性、スピード感などが求められない子ども用自転車向けのタイヤに応用されていました。

EVAを自転車用タイヤに利用した場合、時速が10km以上に達すると過熱、燃焼炭化現象が生じ、乗車の安全に重大な影響を及ぼします。欧特捷が研究開発した複合高分子材料のNEXELLは卓越した安定性、グリップ力、耐摩耗性、耐候性などを備えており、通勤用途やレジャー用途のニーズを満たしています。

Q9
NEXO軽量化ソリッドタイヤは退色しますか?

A9. 基本的にあらゆる物体は長時間に紫外線にされると、光の減衰効果によって色にわずかな変化がみられ、NEXOも例外ではありません。ですが、この現象はNEXO軽量化ソリッドタイヤの運動性能にはまったく影響を及ぼしません。

Q10
NEXOの使用重量制限は?

A10. テストした結果は両輪の耐荷重はライダーと自転車を合わせて120kgです。自転車のフレーム重量を除くと、タイヤはライダーの体重100kgまで耐えられます

Q11
NEXOの取り付けに用いるT-Boltの使用可能年数は?もろくなりやすいですか?

A11. T-Boltを取り付けたNEXOをテスト装置において時速40kmの速度で連続5,000km走行させても損傷はなく、継続して使用できることが確認済みです。そのため、通常の乗車においてNEXOのT-Boltは3年以上ご使用いただけます。

注:極度に乾燥した環境に長期間放置するともろくなる可能性がありますが、台湾は海洋性気候で湿度が高く、T-Boltがもろくなることはありません。

Q12
NEXO軽量化ソリッドタイヤは本当に空気入れの必要がないのですか?釘が刺さった場合はどうすればいいですか?

A12. NEXO軽量化ソリッドタイヤ内部は多数の微細なエアセルが相互に独立し、支え合う構造になっています。それぞれのエアセルは安定した気体の窒素(N2)を完全に閉じ込めて漏れさせることがないだけでなく、タイヤに釘が刺さった時も数個のエアセルが破裂してタイヤ全体から空気が漏れて走行不能になるということはありません。

Q13
NEXOの取り付けは難しいですか?

A13. 初めてNEXOを取り付ける場合は取り付け作業に少し時間がかかりますが、慣れるとNEXO1本当たり5~10分ほどで取り付けられるようになります。一度NEXO軽量化ソリッドタイヤを取り付けると、空気入れ、タイヤ補修、タイヤ交換などの煩わしさから解放されます。

Q14
どのような時にNEXOタイヤの交換が必要ですか?

A14. 安全を確保するため、エアータイヤと同様に溝がなくなったら新しいタイヤへの交換をお勧めします。

Q15
取り付けにはNEXOタイヤのほかにどのような部品が必要ですか?

A15. 各NEXOタイヤには全サイズのT-Boltが付属しており、さまざまなリム幅に対応しています。リムとNEXOタイヤの間に取り付けられるT-Boltは走行時の乗員の安全を確保するよう設計されており、高速で曲がったり石を踏んだりしてもNEXOタイヤをリムの中心軸上に保ってタイヤの偏摩耗やズレを防止し、安全にご乗車いただけます。

Q16
T-Boltは繰り返し使用できますか?

A16. T-Boltは装着する時にリムにきつく固定するため、わずかに変形します。安全のため、T-Boltの重複使用はお避け下さい。

Q17
NEXOタイヤの購入時に別途T-Boltを購入する必要がありますか?

A17. ご購入の際に全てのTボルトサイズを付属しており、別購入する必要がございません。お客様ご自身の事情により一度取り外して再度NEXOタイヤを取り付ける場合は安全に
ご乗車頂くため、新なTボルトをご購入してください

Q18
NEXO軽量化ソリッドタイヤをリムから取り外す場合は?

A18.

方法1:ハサミでタイヤを切って取り外します。

方法2:付属しているインストールバーでタイヤとリムの間に挿し、先にT-Boltを3~4個取り外すと簡単にNEXOタイヤを取り外せます。